アディダス サンバOG adidas SAMBA OG 22.5 EG9327,
NOVESTA×Drawer 38 別注スニーカー ピンク,
【完売品】新品 Nike WMNS Air Jordan 1 Mid SE,

トリーバーチ TORY SNEAKER トリー スニーカー 新品未使用 【送料込】

トリーバーチ  TORY SNEAKER トリー スニーカー 新品未使用
お値下げしました。¥32800→¥28000 トリーバーチのスニーカーです。 ※箱付き 素材:ナイロン、スエード、レザー カラー:ホワイト/ ニューアイボリー サイズ:US8.5(日本サイズ25.5cm) 普段24.5cm〜25cm程度の方がちょうど良いサイズかと思います。 ※作りが小さいため、普段のサイズよりハーフサイズアップ、または足の幅が広い方は1サイズアップがおすすめとのことです。 新品未使用ですが5枚目6枚目の写真に載せていますが分からない程度のスエードによるスレのようなものが白い部分に付いています。 神経質な方はご購入お控えください。  【商品説明】 トリーバーチのスニーカー。レトロなディテールと究極の履き心地が魅力のトリースニーカー。70年代のトラックシューズに着想を得た、柔らかで軽量なスニーカーです。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest
  1. ホーム
  2. スニーカー
  3. トリーバーチ TORY スニーカー 新品未使用 トリー SNEAKER

トリーバーチ TORY スニーカー 新品未使用 トリー SNEAKER スニーカー 【送料込】


アロイス・ルーフ・ジュニア
(RUF AUTOMOBILE GmbH CEO)

ポルシェの優れたドライバビリティはそのままに、心臓部を変容させる。それが、RUFコンバージョンキット。その主目的はピーク値向上ではなく、ドライバーの胸を躍らせるエンジンへと生まれ変わらせること。
高いトルクがもたらす駆動力が、さらに車を駆り立てたい気持ちに応え、人馬一体の感覚を触発します。RUFコンバージョンキットが、高揚感を呼び戻します。

RUFコンバージョンエンジンの特徴

RUFエンジンに欠かせないのは、ボトムエンドからワイドバンドで活きつづける絶大なトルク。その成果が、鋭い立ち上がり、圧倒的な加速感。そして、出力の上昇感は、レブリミットまで絶え間なく続きます。その出力と駆動力の特性は、制御が容易くスムーズ。発進時や低速域でも、不安定なストレスを感じることもありません。

性能と耐久性の両立

キット導入前と変わらない高耐久性も実現。高負荷が続くアウトバーンでの高速巡航から、日本の過酷な渋滞路でのストップ&ゴーの連続まで、あらゆる場面に適応する走行性能と耐久性が備わります。キット導入前の車両と同等間隔での定期メンテナンスだけで維持が可能です。

トリーバーチ TORY スニーカー 新品未使用 トリー SNEAKER スニーカー 【送料込】

RUFパフォーマンスを備える証として、エンブレムをフロントフードに装着いただけます。
リアフードには、コンバージョンモデルのロゴデカール貼附も可能です。

トリーバーチ TORY スニーカー 新品未使用 トリー SNEAKER スニーカー 【送料込】

エンジンは各部が完璧に協調して、はじめて淀みない性能を発揮するもの。コンプリートカー用エンジン開発で得られた経験と知識を基に、給排気、冷却機構、過給器など全ての構成部品が、高水準で調和する再設計を施したのがRUFコンバージョンキットです。その為、RUF製ポルシェ用エンジンパーツは単品ではなく、トータルパッケージのキットとしてのみ提供しています。あらゆる機関を自社開発できる自動車メーカーだからこそ、具現化できるキットです。

近代エンジンの指揮をつかさどるのは、電子制御。RUF Automobileは、80年代後半から先駆的ECUを開発しています。長きに渡りポルシェエンジンを研究しつくしてきたRUFだからこそ、ECUとエンジンが協調する最適解も導く事ができるのです。

キット導入は、RUF Automobileから講習を受けた株式会社RTCの専任メカニックが、国内にて作業します。ECUやターボチャージャー等のコンポーネントは、ドイツ・RUF Automobileへと送られ、RUFエンジニアがコンバージョン作業を行います。*

*一部RTCが担当

トリーバーチ TORY スニーカー 新品未使用 トリー SNEAKER スニーカー 【送料込】

RUF Automobileは911SCやCarrera3.2等のクラシックモデルから、現行911まで対応する幅広いラインナップを、継続して販売しています。そのラインナップ自身が、エンジンキット開発の歴史の深さを体現するものです。
吸気系の刷新やECUコンバージョンにはじまり、排気系やターボチャージャー&インタークーラーを刷新するもの、さらにはNAエンジンをターボエンジンへと転換するものまで、様々なラインナップを展開しています。